クリーニングに関する情報が満載!

クリーニング出来る布団と出来ない布団の違い

クリーニング出来る布団と出来ない布団の違い

布団の中にはクリーニングが可能なものと不可能な物の二種類がありますが、その違いは素材の違いによって生じるものとなっています。
一般的に使用される羽毛や羊毛、綿、ポリエステルといった素材を使った布団に関しては問題なくクリーニングを行うことが出来るのですが、逆にクリーニングが出来ないものとしてはシルクやムートン、ノンキルト羽毛布団といったものが挙げられます。
シルクは洗うと縮んでしまう非常に繊細な素材であるために専門の技術が無くては対処が出来ない素材であり、ムートンは一度縫い目を解いて中身を取り出して別々に洗わなくてはならないため、専門業者以外は基本的に請け負っていないと思うべきです。
ノンキルト羽毛布団というのはあまり聞きなれないでしょうが、これは言ってしまえば縫い目がない羽毛布団のこととなっています。
このタイプは接着剤が縫い目の代わりになっているため、クリーニングをすると接着剤がはがれてボロボロになってしまうのです。
ただ業者によっては一般的には取り扱っていない素材にも対応しているところもあるため、もし自分の布団をリフレッシュしたい場合には専門業者に相談してみると良いでしょう。

コインランドリーで布団をクリーニング

布団のような大きな製品は以前ならクリーニングに出すものでしたが、最近はコインランドリーの機能も充実してきており、問題なく洗い上げることができるようになっているのです。
またクリーニングに出すよりもいくつかの点でメリットもあり、選ぶ方が増えているのです。
まずどのような大きさの布団まで洗えるかということに関しては、通常の家庭にあるものならすべて、ということができ、掛布団はもちろん敷布団も可能となっています。
ですのでその点での心配はありません。
さらにクリーニングに出すよりも料金が安いということもあり、これは家族が多い家庭では大変ありがたいことです。
さらに洗いから乾燥まで数時間で完了しますから、時間がとても短くすむのです。
ただし注意点もあり、布団に付いている表示やコインランドリーの説明はきちんと読んでおく必要があります。
基本的には真綿製品は水を使えないことからコインランドリーでは洗えないことがほとんどですし、キルティングされていない製品では中で偏りが生じてしまいます。
不安な方の場合、高級品や購入したばかりのものは避けて、まずは使い込んでいる布団で試してみてからの方が無難と言えます。

「クリーニング 違い」
に関連するツイート
Twitter

今さっき登録してない電話番号から電話きて、誰だよってなったんだけど、いたずら電話かもしれないから、いちお検索かけてみて引っ掛からなかったら、間違い電話だったんだなって思って放置した。 この前知らない電話番号から2回目かかってきたから出てみたらクリーニングの人だったらする

いくつかのクリーニング店に出して、着心地の違いを感じたことがありますか? 着心地の違いがわかるすごいクリーニング方があるんです! momochi-cleaning.com/Pages/wt.aspx

Twitterももちクリーニング@kahoppa

返信 リツイート 20:22

近くのポニークリーニング、割とこのレビューの通り店員のおばさま達の手際が悪すぎて毎週珍事が起こるので、応援したくなる。(今週は番号違いでYシャツを目視で確認した) pic.twitter.com/jtb8XUSlHl

Twitterアルフオンス伊集院@alfons_ij

返信 リツイート 11:55

手洗いや、ものより高くつく布団クリーニングは無理だからガシガシ洗ってにゃんこの毛布なり。 絹の毛布から離れない違いの分かる猫さんである。

田野板金「吉木は通販通販って薦める系らしいからな あなたには薦めてない 日本の裕福な人たちに薦めてるからそこ勘違いしないように って聞きゃあ説教なんだって 今日のメニューは みたいな感じらしいよ 坪野谷 はっきり言ってあそこの西武リースのマットクリーニング業者と変わらないって」

バトルコサックのクリーニング違い、これは実際本当なのかどうかはよくわからない。ただそれと違って全然話題にすら後年あがらないので多分本当なのかもしれない

. . . えっ(´⊙౪⊙`)? らんどりー?専門店?下着? それ、ランジェリーの間違いちゃう? ランドリーってあれやろ? 洗濯するとこかクリーニング屋やろ? まぁエロ・・・ 続きは質問箱へ #peing #質問箱 peing.net/ja/qs/142574255

水洗いとドライクリーニング違い。 ドライクリーニングは、石油から溶剤で洗う事。 衣類への影響を抑えた洗浄方法。汚れが良く落ちる。 水洗いは、水に対して耐久性がある衣料品を、石鹸や洗剤、助剤、漂白剤などを使用して主に温水(40~60℃)で洗う洗濯方法。汗の臭いが良く取れる。

Twitterクリーニング店員bot@cleaning_sentak

返信 リツイート 昨日 11:29

そんな 自宅に大勢招待したら、後片付け大変でしょ!? と思ってたらハウスクリーニングを利用するんですね庶民だからその発想なかったわ自分で片付けると思うじゃんお金持ちは違うねー妬みじゃなくて習慣の違いで(;´_ゝ`)

もしかして、酷いクリーニングだったもんで、謝罪の電話かなぁと思ったんですが、「申し訳ありませんお客様、先日お渡ししたおズボンの件なんですが、他のお客様の物を間違ってお渡ししてしまいまして…」 「………………………え?」 前代未聞の勘違いに、身体が震えあがりました。